スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本一周を振り返って【その3】

日本一周    総括【その3】   

Q3     釣りはしたのですか?  

A    釣り竿での釣りはしませんでした。

  ごくたまに、海が穏やかで急がない時に、流し

     釣り(ケンケンともヒコーキとも言います)をし

        ましたが、釣れても一人では食べれないので

        リリースしました。

【ケンケン】右側は土佐の漁師さんにもらった物

【ワラサ】ブリの幼魚 70cm   大洗沖

【サワラ】長崎平戸

【シビ】キハダマグロの幼魚 73cm  トカラ列島

【シイラ】 豊後水道

【メジマグロ】クロマグロの幼魚 33cm  豊後水道

Q4    途中で祭りとか面白いものを見ましたか?

【ねぶた祭】函館から青函連絡船に乗って青森へ、雨の中を見学しました

【山笠祭り】博多

【三国水中花火大会】福井県九頭竜川にて繰り広げる日本最大の水中花火大会

【井野神楽】 石見銀山温泉津 龍野神社にて

【ボゼ祭り】トカラ列島悪石島にてお盆の最終日に行われる仮面神ボゼ 奇祭中の奇祭 まるでパプアニューギニアの少数民族の踊りと似ています、これを見れた人は少ない。

【三谷祭り】愛知  神輿を海中引き回し

写真を整理しだい続く。

スポンサーサイト

日本一周を振り返って【その2】

日本一周 総括 【その2】  

帰ってから会った、皆さんの質問をまとめてみました。  

Q1・・    クルージング中にトラブルは無かったか? 怖い事は無かったの? 

(皆さん何故か、危険な目に会わなかったか興味が有るようです、多くの方が聞いて来ました。)

A1   幸いエンジン不調は一度も有りませんでした。燃料タンクがヒール(船の傾き)してエアーを吸わないように、常に半分程度になると満タンに補充していました。

たまに燃料タンクのドレンコックやエンジンルームの水分分離器からゴミや水滴を取り除いていました。

エンジンオイルは約250時間位で交換し、2回に1度はエレメントを交換。 燃料とオイルには注意していました。

その他はインペラやVベルト等の交換はしていません

バッテリーは3個積みましたが、1つしか使用しませんでした。バッテリー残量計を付けたので減ってくるとエンジンを回し充電しました。

A2   浮遊物のスクリューへの巻き付きは、1度だけ日本海糸魚川沖で漁業用ロープの切れ端が絡み、近くの漁港に入港し潜って取り除いた。

流れ藻の絡みは何回か有りましたが、スクリューの逆回転で外れる程度でした。

A3    怖いと思った事は有りませんでした。

但し、途中で荒れて大変な目には何度か会いました。 鹿児島県トカラ列島の中之島から悪石島へ向かう途中、予報より早く風が強くなり、向かい風13m、向かい波3m、黒潮の影響も有り速度も2~3ktしか出ず、波に叩かれ、サイドステー片側3本の内1本のペリカンフックが破断したのと、ブームが下がりドジャーが擦り切れた事がありました。

その他、港に入港する際、白波が巻きサーフィン状態になりそうなことがありました。

A4    クルージング中は自身の怪我や病気は有りませんでしたが、腰椎や結石の手術で2015年はお休みでした。 長時間の航海では腹が強いお陰で助かりました。

Q2 ・・何処が一番良かったか?

この質問には良い所が沢山あり過ぎて、順番が付けられません!  古い順に列挙

・・景色・・

【奥尻島】なべつる岩

【天売島】 海鳥の乱舞

【礼文島、利尻島】

【函館】金森倉庫前

【佐渡島】 宿根木漁村

【伊根の舟屋】京都府

【隠岐の島】ローソク岩

【知覧特攻平和記念館】 鹿児島

【長崎教会群】 野崎島

【屋久島】

【トカラ列島火山島】 イルカの先導

【瀬戸内海の島巡り】

・・【温泉】・・

【神威脇温泉】港のヨットが見えます。奥尻島

【八頭温泉】 函館市

【不老不死温泉】 青森県深浦町

【温泉津 薬師湯】 島根県温泉津町

【硫黄島東温泉】 鹿児島トカラ列島

【屋久島 平内海中温泉】 鹿児島県

【別府竹瓦温泉】

【弓削島FESPA】 愛媛県上島町

【直島温泉】 香川県直島町

*写真が数千枚になり、保存先が分かれたりで、アップロード出来なかったため、PC画面からスマホに写しため、画像画像良くありません。

次回に続く!

日本一周を振り返って【その1】

日本一周 総括 【その1】 

2014年5月9日に横浜市金沢八景を出航し、東北⇒三陸⇒北海道時計回り一周⇒日本海⇒九州まで行きました。   

10月10日に長崎県佐世保市の西海パールシーに艇を預け。2015年春から沖縄回航を予定していましたが、腰椎手術を行い、9月に壱岐、対馬、五島列島を回りましたが、沖縄行きは1年間延期となりました。


2016年4月29日に長崎を出港し、沖縄に5月20日入港。艇を宜野湾マリーナに預け、8月12日出航して沖縄⇒鹿児島⇒四国⇒瀬戸内海を巡り、10月25日に横浜市金沢八景に帰港しました。

2014年度 ・・航海総日数156日、寄港数81港、航海距離3,094nm

2015年度・・航海日数12日、寄港数9港、航海距離 274nm

2016年度・・総航海日数100日、寄港数58港、航海距離2,250nm

通 算・・ 総航海日数268日、寄港数148港、航海距離5,618nm

★航海実日数・・・・148日

★航海時間 ・・・・957時間

★中間点        ・・・・距離nm 島根県 温泉津

★ 〃 ・・・・総航海日数 島根県 出雲大社

★ 〃 ・・・・寄港数   山口県 奈古漁港

★消費燃料 ・・・・1,860リットル

★燃料単価 ・・・・2014・・114円(免税)

                                         2015・・116円(免税)

                                         2016・・  80円(免税)

★海無し県以外の全ての都道府県に寄港しました

★走行キロ数・・・5,618nm×1.852=10,405km 

 (北海道から沖縄縦断で約3,000kmです。)

★参考距離nm・・・北海道一周 1,139nm

                                       青森→長崎 1,191nm

                                       鹿児島→沖縄 445nm

★総航海日数の内、ヨット以外の宿泊は二日のみ

★エンジン不調は、1度も無し。

★スクリューに流れロープの巻き付きが1度だけで、流れ藻はペラの逆回転で取れる程度でした。

★148港の内、40港は島に停泊でした。

【今回停泊した島】

田代島、奥尻島、天売島、利尻島、礼文島、粟島、佐渡島、中ノ島(隠岐)、西ノ島(隠岐)、福島、平戸島、壱岐島、対馬、宇久島(五島)、野崎島(五島)、中通島(五島)、硫黄島(トカラ列島)、屋久島、口之島、中之島、悪石島、宝島、奄美大島、沖永良部島、伊是名島、沖縄、伊江島、徳之島、口之良部島、種子島、保戸島、沖野島、厳島、大三島、弓削島、直島、小豆島、淡路島、答志島、伊豆大島

【日本の世界遺産】国内20箇所の内、残したのは小笠原諸島のみ。  他は今回又は以前を併せて見て回る事が出来ました。

後日に続く………

保田→金沢八景 帰港

2016年10月25日(火)  

今日は、いよいよ最終ランです。

2014年5月に出航してから約2年半ぶりの帰港になります。(昨年1年間はお休みしたので)

8:30 保田を出航

途中エンジンカットで久々にセイリングしようと思ったら北の風8m いきなりヒールでやめました。

マスト起倒も久々なので、時間が掛かり

11:40に海の公園着 12:30にホームポート平潟フィツシャリーナに帰港しました。

マストも問題無く立ちました。

懐かしい景色です。 久里浜発電所が目印です。

金谷⇄久里浜フェリー、抜けるタイミングが有ります

観音埼までクラブのボートが出迎えてくれました。

ありがとう!

住友重工のクレーン、シーパラダイス

海の公園でマスト起倒して、橋をくぐり抜けます。

ポンツーンに着きました。 仲間が迎えに来てくれました。すみません皆さんクラッカーで顔が下を向いてました。

クルージング途上で出会った方々には本当にお世話になり、ありがとうございました。思い出は忘れることは無いでしょう。

またブログを御覧くださり応援して下さった方々にも、この場をお借りして御礼申し上げます。

また長期の、気ままな1人旅に理解を示し留守を守り応援してくれた家族には、ありがたく感謝します。

ラメール号も良く頑張りました。一度のエンジントラブルも無く、船体も、あれだけの波に叩かれたのに大丈夫です、本当にアリガトウ! しかし白かった船体も黄ばみました。 ちゃんと綺麗にしますからね!

今月末から、来月初旬までに、日本一周を振り返り総括をブログにて逐次連載する予定ですので、御覧下さい。

伊豆大島→房総保田

2016年10月24日(月)

11時前頃から薄日が差し出し、風や波の音もしなくなった。

そんな頃、英文のメールが入ってきた。

ウィールスか? よく見ると下田で会った韓国 ヨットマンYOOさんからだった。

33時間で三重県尾鷲に無事に着きましたとの事。

追い風、追い波にしても凄い人!

さっそく、翻訳ソフトを使い返信メールした。

俺の心に火が付いた!  出航!

11:15に伊豆大島 元町漁港を出航

17:30分に房総保田 海の駅に着きました

36.0nm     6時間15分の航海でした。

元町港から乳が崎までのブランケは波無し、乳が崎辺りから向かい波が出だしましたが、島から離れると徐々に穏やかになりました。 

乳が崎  ここは風と潮が変わる所で、過去に何度も悪戦苦闘した所で、それが頭にある。

しかし出航時間が遅かったので、ホームポートへは夜になる。

今日は三浦三崎港に停泊し、ホームポートには明日入港するつもりだったが、2時間もすると速度も増して来たので、房総半島にある保田漁港に行き先変更。

まわりは本船が頻繁に航行している

暫く島も見納めです。

17:55分の日没までには入港予定、しかしこの後すぐ4時40分に太陽は雲の中に入ってしまいました。  入港時は真っ暗になりましたが、何とか見える範囲、ここは何度も来ている港ですので心配無く入港出来ました。

しかし、こんなに1時間も早く日が沈むとは誤算でした。

ここは東京湾内で揺れも少ないし、食事も番屋が目の前で風呂も24時間入れます。

クルージング最後のご馳走。(アナゴ重とサザエのつぼ焼き)

明日はホームポートまで18nm 3~4時間です。

朝のNHKの連ドラを見てから出航。 最後なので途中久々にセイリングでもして帰ろう!

クラブのメンバーも数人待っていてくれるようです。

最後に久々のマスト起倒があります、手順を忘れていなければ良いが。 とうとう日本一周の完結です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。