スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島⇔沖縄の総括(下書)

鹿児島県から沖縄往復航海の総括

往路 

5月4日に鹿児島県 枕崎港を出航し 

5月21日に沖縄県 宜野湾マリーナに入港しました。

延べ17日間 (11日間) の航海でした。

通算 429.4nm

寄港した港  

枕崎→硫黄島→屋久島宮之浦港→口之島→中之島→悪石島→宝島→奄美大島名瀬港→奄美大島古仁屋→沖永良部島→伊是名島→宜野湾マリーナ

出会ったヨット

硫黄島にて大阪からのフィンランド人【ユッカ】上り、宝島に て江ノ島の【雪風】上り、奄美大島名瀬にて新西宮からの【BAGERA】下り、奄美大島古く仁屋にて和歌山の【ハーモニー】上り、沖永良部島にて神戸からの【SAULIELI】上り、 の5艇

復路

8月12日に沖縄県 宜野湾マリーナを出航し

8月26日に鹿児島県 内之浦港に入港しました。

延べ14日間 (11日間) の航海でした。

通算 450.3nm

寄港した港 

宜野湾マリーナ→伊江島→沖永良部島→徳之島→奄美大島古仁屋→奄美大島名瀬→宝島→悪石島→口永良部島→屋久島安港→種子島西之表港→内之浦港

出会ったヨットは有りませんでした。

この間は一日の内で、船に出会うのは高速船、フェリーが1隻、港近くで1~2隻の漁船位でモーターボートやヨットは見かけませんでした。

写真ベスト10(復路)

各港で出会った方々には大変親切にしていただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。 

ありがとう御座いました。

まだ中途の下書段階です。

今後追記しますので、また見て下さい。

スポンサーサイト

種子島西之表港→内之浦港

2016年8月26日(金)

7:25 種子島 西之表港を出航  

14:15に鹿児島県 内之浦港に入港しました。

37.2nm 6時間50分の航海でした。

天気は曇り時々晴れで涼しく感じました。

コースは北  北東の風8~12m

波は1.5~2.5mと波高し

後半三分の一は白波は無くなりました。

波があった割には追い潮により平均速度は5.4kn出ていました。

西之表港の波止場に珍しいものを発見! 

看板ゴミを棄てないで下さいの、下の文字に注目!

ここは牛の置き場です。

暫くはジブセイルが張れました

種子島北端の喜志鹿崎です。

この岬を超えると波が高くなりました

波がキツいためオートパイロット任せは可哀想なので交代で操縦しました 

前をLPG船が横切ります(中央)

本船航路です。  5隻位とすれ違いました。

  

右端が内之浦ロケット発射台、左端が管制センター

ロケット発射台

この岬を左に回り込むと内之浦湾です。

回り込むと久々に大きな定置網が有りました。

そこを超えると内之浦港が見えます

左奥に進すみ漁船の人に聞くと、ヨットは入って右端の船だまりに停めているよ、との話しでそちらに移動しました。。

下が種子島西之表港、上が内之浦港です、やっと本土に着きました。

自転車で約10分位の所に、国民宿舎コスモピア内之浦が有り、310円で温泉に入れました。 単純硫黄泉のツルツル、スベスベの素晴らしいお湯でした。

港から5分位の所にAコープも有りました19:30までオープンです。

明日は宮崎県の油津港に進みます。

その後の予定は

宮崎港→門川漁港→佐伯蒲郡江港→高知県宿毛港→土佐清水→上ノ加江→土佐清水→宿毛港→八幡浜→別府→三机港→松山→瀬戸内海等を予定しています。

屋久島安房港→種子島西之表港

2016年8月25日(木)

8:00に屋久島安房港を出航し

13:30に種子島 西之表港に着きました。

31.8nm  5時間30分の航海でした。 

北東の風、6~11m   波2~0.5m 

予想通り種子島の西側島影に入ってしまえば風波はブロックされました。

台風10号は、長らく停滞して進路が定まりませんでしたが、昨日よりUターンして東に向かい始めました。

昨日も海は穏やかでしたが、まだ漁船の避難は解除していません。 もう屋久島も縄文杉以外は見てきたし、そろそろ本土に向かわないと、次の台風が来るかも知れません。

朝起きて海を見に高台まで行きましたが、多少の風波です。

出航を決めました。

屋久島では漁協の皆さんに大変親切にしていただき感謝です。

白い建物が高速船トッピーの発着所です、その向こう側に停泊していました。

屋久島を振り返ります。

種子島が見えていますが、平らで南北に細長い。

西之表港です

西之表港は北の方に位置します。

新港に停めました、フェリー船着場の奥です。

旧港は漁船でいっぱいです。

月窓亭

鉄砲館を見学しました。

赤尾木温泉 800円 港から5分位 ツルツルのお湯です。

明日は鹿児島県内之浦港に向かう予定です。

屋久島安房港滞在(4日目)

2016年8月24日(水)  

今日も暑い、朝から氷の自動販売機に行ったくらいです。 

動ごくと汗が出るので扇風機を回し放しでじっとしてる。

昼頃に高速船トッピーが到着した、急いでターミナルに行く。何故かと言うと待合室はクーラーが効いてるからです。

フェリーが無いときは誰も居なくなり、不審者が一人でたむろしているように見られるのはイヤです。

そして誰も居なくなります。

昼食をしにAコープの方に向かう角で、Youが止まってタブレットで何か調べています。

すかさずMay I help you  !  オーストリア人カップルが泊まるハウスを探してる。

見ると遠い、大きなスーツケースを引きながら約20分以上はこの暑さでは厳しい。

ここがスーパーマーケットだと教えると行くと言う。

そうだ中に観光案内所がある。  連れて行くと顔なじみのベテラン案内人が、彼らの宿泊先に電話して車で迎えに来ることになりました。

お も て な し !

昼食の喫茶店ケルンにて食べる、かき氷🍧は美味です。

牛乳を凍らせてかき、練乳とイチゴジャムで作ります。

お試しあれ。

今日は1年振りにエンジンオイル交換を行いました。

ラメールも暑いのによく頑張った!

ここがAコープです、港の真ん前です。

左に曲がると左にシンジヤマレンタカー、その向かいにニコニコレンタカー 港から3分です

その先に焼肉【れんが屋】

そろそろ出航も間近になりそうなのでパワーを付けます。

ヤクシカとエゾシカの食べ比べを頼みました。

大皿の右がエゾシカ、左がエゾシカです。

私には食べ比べても違いが分かりませんでした。

お店の人に聞いてみると、一般的にはヤクシカの方が小型鹿のため肉も臭みが少なくシマっていると言う。

さて明日は、『どうしたもんじゃろのお~?』

台風10号はUターンして、来週 には本州に向かう気配です。

屋久島安房港(3日目)台風10号

2016年8月23日(火) 

台風10号は宮古島近くに停滞中で、更に勢力拡大し、南大東島付近に向かっていますが、まだ波浪注意報が出ています。 まだ1週間位続くかも知れません。   

鹿児島へのフェリーは安房港への発着は 中止になり宮之浦港のみになってます。 

影響でこの地区のスーパーの食品は、パン、お弁当などは入荷せず棚はガラガラです。

朝、艇の向きを変え、舫いをチェーンで固定しました。

今日はレンタカーで屋久島 白谷雲水峡に行きます。

その前に北端にある、西郷隆盛が訪れた一湊港を見て来ました。

白谷雲水峡  途上でヤクザルくん

途上宮之浦の町が見渡せます、この上は霧が出て涼しかったです。 この山は600~1050mです。

約60分コースを選びました。スタートはこんな岩場を上ります。 えー凄いところジャン!

飛流落とし

この苔むした森は、ジブリ映画【もののけ姫】のイメージの森だそうです。

こんな道が続きます。

さつき吊り橋

【二代大杉】 江戸時代に伐採された切り株に新たな杉が着生

帰路最後の方で、足を引きずっているYouがいました。話を聞くと膝の筋を傷めたと言う。

ベンチで休み話を聞くと、メキシコ人のカレンさん。もう六ヶ月間、北海道から、ここまで旅をして来たそうだ。

TV  【Youは何しに日本へ】で見たような話です、ここで親切なおじさん登場! 安房の先のゲストハウスだと言うので車で送ってあげました。  

お大事に アディオス!

車で下山途中に宮之浦の町が見えます。 

山の上は涼しかったですが、汗だくでした。

この世界自然遺産の島は外国人が、かなり多いです。

バックパッカーハウスも沢山あります。

食堂もYouだらけ、英語メニューを用意していますが食堂のオバチャンも片言英語で頑張ってます。

私も負けずと 【Youは何しに日本へ!】

右側はスイス人カップル 左側は香港ファミリーでトレッカ-  一週間毎日山歩きだそうだ、香港の話で盛り上がり、香港の鉄道と地下鉄駅の名前を下達端に言ったら拍手喝采でした。後ろの座席にも何処You、向かいの一人と私がジャパニーズ?  

今日も沢山国際親善しました。

今日出かける前に、岸壁から声がかかりました、話をすると、ヨットの世界最高峰のアメリカズカップに参戦をしていた、チャレンジ日本のメンバーで、 ベンガルのMさんでした。気象予報士でナビゲーション担当の方でした。現在こちらの島で働いているそうです

昨日は特記事項が有りませんでした。

泳いだり寝たりでしたが、漁協の建物の端に氷の自動販売機を発見!

いつもは、ブロックアイスを230円位で買っていましたが、ここは100円でこの量です。

保存している、いつも買う氷のチャック袋で4袋分ありました。

漁師さんに食用OKと確認しました。

これでかき氷🍧はいくらでも食べれます。

暫くこの島にいるか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。