ラメールはこんなヨットです

ラメールはこんなヨットです。

ニュー・ジャパン・ヨット社製  エスプリデユパン 30ft  2006年進水
全長--9m 幅--3.2m 4トン エンジンはVOLVOー2020 16馬力、セイルドライブ式
沿海仕様--- 定員6名
船名-- LA MER AMI (通称ラメール)
上架すると、こういう型状です

浮かべるとデッキ面はこんな形です。

ボルボのセールドライブ エンジン

バルブキール

キャビン

バルクヘッド

チャートテーブル

ギャレー

初 代 - LA MER      ヤマハ        21ft

2代目 - LA MERⅡ    リベッチオ     26ft
3代目 - LA MERⅢ    バンドフェット   30ft
現 在 - LA MER AMI  エスプリデユパン 30ft

船名を決めるについて、初代を購入する際、あまりにも突然の購入であり、まったく船名を考えていませんでした。
当時は大型帆船シナーラとかエスメラルダなどに憧れを持っていましたので、そういった響きを考えました。
たまたま、その頃に海外出張で南仏に行った際、プロバンスのカマルグ湿原にある「St. Mari Delamer」(海の聖なるマリア達)という地(大型リゾートハーバー)に連れて行ってもらい、その洒落た響きとゴロが気に入り「ラメール」と名付けました。
ちなみにエスプリデユパンとは仏語で風の祭りという意味です。

2代目、3代目はラメールⅡ、Ⅲと付けましたが4代目になりラメール4は縁起が悪いとアドバイスを受け、辞書をめくり、短くてゴロの良い単語をくっつけることにしました。
そして候補を三択でヨット仲間にメールで投票してもらい、意見を参考として決めました。

LA MER=海、AMI=友達と言う意味です。(AMI はアミーゴの仏語です)

2009_0812_162147-P8120048 (480x640) (480x640)
お気に入りのクルージング・スポットで。(伊豆諸島 式根島 吹ノ江にて)
左側がラメールです。

次回はホームポート平潟湾とマスト起倒式について説明します。

スポンサーサイト

自己紹介

2014年4月18日、記

皆様はじめまして! 
本年3月末に会社生活をリタイアし、5月より長年の夢であったヨットでの日本巡航を計画しています。 
ブログを開設し交流の場を広げて行きたいと思いますので宜しくお願いいたします。
しかしPCをモバイルに変え、またOSも8.1に変わったので操作に不慣のことと、初めてのブログ作成であり悪戦苦闘しながらですので見苦しいことご了承ください。。

自己紹介
利岡 和義    1949年生まれ 64才
横浜市在住   ホームポートは平潟フィッシャリーナです。
船型 ・全長   エスプリデユパン 30ft (8.9m)
船    名   LA MER ami (ラメール)

ヨット歴---約40年 クルーザー歴---約30年 小型船舶操縦士免許1級
大学卒業後、社会人ヨット部に所属し2人乗りスナイプ級に出会いました。
その後、転勤により一時的にヨットから離れていました。 船を持ったきっかけは32才の時、転居後に自宅から近いところにヨットが係留されているのを見て、ブラリとクラブハウスに立ち寄ったところ、そこに居たヨットマンと意気投合し、そのままヨットに乗せてもらいました。
そして、その日の夜に中古の出物があるとの電話を受け、まったく船を持つことは考えていなかったのですが不思議な縁ですぐに購入を決めてしまいました。

それ以来、面倒見の良い先輩諸氏と仲間に恵まれ天気の良い日は海に出かけ、シーズン中は月1回のレースに参加。連休は仲間とクルージングで伊豆諸島、房総半島、伊豆半島などへ出かけ、日々はメンテナンスや仲間との宴会を楽しんでいます。

若い頃は南太平洋の島巡りを夢見てましたが、もう年も取り体力の問題もあります。
日本巡航については同じクラブから「海光丸」・「TSUYOTAKA」さんが日本一周を成し遂げました。
そのブログを見て自分も、いつかはと思っていました。やっと自由な時間が持てるようになり実行を決めた次第です。

仕事では日本全国を飛び廻ったのですが、観光はまったくしていなかったので、この度はのんびりと日本各地の港を約200カ所程度巡り、天気の良い日にのんびりと船旅を行うつもりです。
そうしたことも体力のあるうちと思っています。
残念ながら一緒に行ってくれる人が居ないのでシングルハンドでの旅となります。
途中での乗船を歓迎します。

次回はヨット【ラメール】の紹介です。