2015長崎県離島クルーズ(総括)



昨年、壱岐、対馬へは台風の影響により行けませんでした。

2015年春から日本周航を再開する予定でしたが、昨年帰宅後に病院に行きましたら脊椎がズレて脊柱間狭窄症となっていたため手術を行い、半年間の運動禁止を守り、9月より昨年行けませんでした長崎県の離島クルーズを行いました‥

今回は病み上がりの中、古くからのヨット仲間で経験豊富なFさんが同乗してくれたので安心でした。

★航海日数 …10日
★航海総距離…214マイル
★総航行時間…41時間55分
★平均速度 …6.5kn
★総消費燃料…90㍑
★寄港地…8港
  壱岐島…印通寺港
  対馬 …厳原港、浅茅湾、豆酸漁港
  五島 …宇久島、野崎島、有川港
      平戸港
★風向き…
  平戸→壱岐…北、北東10mアビーム
  壱岐→対馬…  〃
  対馬→宇久…北、北東10m追って
  五島→平戸…北、北東6m上り

この間、全国では台風18号の影響により関東での河川堤防決壊、チリ地震による津波、東京での震度5の地震など自然災害が多発し大変でした。

我々は天候には、ほぼ恵まれ風波も向かい風は少なく、追い風波が多く助かりました。最近でも対馬沖で竜巻により漁船が6隻転覆したり、気象が厳しい中を警戒しながら、なかなか行く機会の無い島々に行く事が出来ました。

古代日本の一支国遺跡、韓国人観光客の多い対馬、自然の複雑な地形浅茅湾、ユネスコの【世界遺産候補の五島列島の教会群】、特に無人島の【野崎島】は素晴らしい景観でした。
 
日本で一番島の数が多い長崎県に船を置いている関東、関西の方がいる理由がよく分かりました。
東京湾にいたら行く先は限られますが、長崎は沢山の行く先が有ります。
後、数年いたいものです……

皆様の応援ありがとう御座いました。


スポンサーサイト

平戸港→西海パールシー

2015年9月22日(火)

今日は近距離航行なので朝はゆっくりです…、9:30に目の前にある電気店がオープンしたらパーツを買ってから出航です。
ラメールが停泊している隣りのフェリー桟橋から登る朝日です‥




9:55出航13:25着です…21nm、3時間30分の航海でした。

平戸城です


オランダ商館倉庫

平戸大橋

今日も40cmのサワラが2匹掛かりましたが、もう食べたくないのでリリースしました。



パールシーに戻って来ました。
今日は連休で沢山の人出です、海賊船二隻とも満員で、次の船にも行列が出来ています。



明日には横浜に帰宅です…
帰り際に九州名産の珍味で鯨の軟骨粕漬け「玄海漬」を酒の肴に買いました。
どんなんだろう?  初めてです…

もう一つはアゴ(飛び魚)です…
何故アゴと言うのか?  アゴが外れるほど美味しいからだと…

有川港→平戸港

2015年9月21日(月)

6時15分に長崎県新上五島市の有川港を出航、12時20分に平戸港に入港しました。
36nm、6時間05分の航海でした。
向かい風、向かい波の割には順調に進めました。

明日までに西海パールシーに帰る予定なので、余裕を持って近くまで戻りました。


最高に素晴らしかった野崎島です…

久しぶりにトローリング!
直ぐ40cm位の鰆(サワラ)が掛かりました。

Fさんも、ご満悦です!
今晩も○見食堂の魚定食かな?



食事の前のビールの肴になりました

平戸大橋をくぐります。

二度目の平戸に付き、私は船内片付けでFさんは観光へ。

風呂は海上ホテルの露天風呂600円

ヨットのそばで、何やら祭りです…



明日は西海パールシーに戻り、今回のクルージングは終了です…
長崎は本当に島が多く行く先が沢山有りすぎます。

新上五島町、中通島観光

2015年9月20日(日)

今日はレンタカーにて中通島の上五島地区をドライブします…

まずレンタカー屋が有るフェリーターミナルから、今は運休中の空港へ行き、道が狭く混雑するので、そこからシャトルバス(町の乗用車で送り迎え)で【頭ケ島天主堂】に向かいます

空港より見る【頭ケ島大橋】

頭ケ島天主堂(ここが一番著名な教会です)









キリシタン墓地

坂本龍馬ゆかりの地

龍馬像

大曽教会





冷水教会




船崎饂飩伝承館(五島うどん)




矢堅目崎の景勝





赤ダキ断崖(かって火山の噴火口だと)


青砂ケ浦天主堂






お風呂はホテル・マルガリータ「番岳温泉」シニア割引で400円です…50%

この島の大半のレンタカーは電気自動車です…、しかし80~100kmで充電しなければならず、ガソリン車にしようと思いましたが、シルバーウィークで空きが無い。しかし古い型式の軽自動車予備が有るとの事です保険料込みで4000円にしてくれました。

喉が乾き氷屋さんへ

有川町は元横綱の佐田の山の出身地です


夕飯前に福岡から来たヨットマンMさんと出会い、夕飯をご一緒しました。
海光丸さん、ひまわりさんにも会っている方です。

民宿居酒屋「し喜」しき定食です

宇久フィッシャリーナ→野崎島→上五島有川港

2015年9月19日(土)

今日は宇久フィッシャリーナを8:25分に出航、ここから1時間の所にある野崎島に9:25分に着きました。
5.8nm、1時間の航海でした。

午後は11:25に野崎島を出航し、13nm離れた新上五島町の有川港に13:45に着きました。




野崎島はかって昭和30年代は650人が住んでいましたが、今は無人島で野生の鹿と400匹と管理人さんが1人常駐です…

この島はユネスコの世界自然遺産暫定リストに入っており、来年登録が見込まれされている27教会が有ります。

野崎島

今日もFさんが舵とりです…






岸壁に着けていたら管理人さんが3時までならポンツーンに停めて良いとのこと。

港には旧島民の住居跡







途中で野生の鹿に何度も出会いましたが、カメラを向けると逃げてしまいます。写っていません!!

旧野首教会です…



















中央が教会のある場所です

野崎島→上五島有川港

フェリーターミナルの近くに停めました、目の前はスーパー・エレナ店が有り便利です









フェリーターミナルにある鯨賓館

明日はこの島にある、世界自然遺産登録暫定リスト入りの【頭ケ島天主堂】などの教会群を観光する予定です。



豆酸→五島列島(宇久フィッシャリーナ)

2015年9月18日(金)

6時05分に対馬南端の豆酸漁港(つっつ)を出航し13時25分に五島列島北端の佐世保市宇久島、宇久フィッシャリーナ、ポンツーンに着きました。

56nm、7時間20分の航海でした。

豆酸漁港は山からの吹き下ろしがあり、10mオーバーで、風の音でなかなか寝れませんでした。

気象予報も対馬、壱岐、五島共に10mオーバーで波高2~2.5mの強風波浪注意報が出ているが、明日も大して変わらないことと、追っての風波になるのでFさんの意見とも一致、また互いに技量を知り尽くしているので安心して出航しました。

今日は追っての波なので2人で交代し舵を握りました。

豆酸漁港を出航







Fさんティラーが好きで、カラオケマイクのごとく握ったら舵を離しません。






宇久フィッシャリーナはガラガラです
停泊料は1日1150円+電気代520円です…





お風呂は、フィッシャリーナの山の上にあるシーサイドホテル藤蔵さんで500円、

食事はその途中にある「かっちゃん」で出来ます。

食料はスーパーHAMADAがあります

全て徒歩10分圏内です。

道路にはカニが堂々と歩いています。


浅茅湾→豆酸漁港(tsutsu)

2015年9月17日(木)

朝早、夜明け前からの大雨と落雷にて目が覚める。雨雲レーダーを見ると対馬の中央は真っ赤です…
大雨洪水警報も出ましたが…
雨雲レーダーによる判断で出航。

しかし、浅茅湾は海でありながら湖畔の毎く全く波無く、艇は微動だにせず。
雨足が弱まり8時45分に出航、湾内は波無し、湾外は追い風、追い波で豆酸漁港に13時20時に着きました。
27nm、4時間35分の航海でした。




湯多里ランド(旧メルパルク)前の岸壁です
(前日の写真です)

今日は夜中の大雨で、海面は土の流れ込みで茶色です‥

浅茅湾の湾口方向です

浅茅湾を出たところです

対馬南端の豆酸崎先端です。

豆酸漁港です

風呂と食事は民泊「あびる」さん
0920-57-0839にお願いしました。
都合の良いときは対応してくれます。

近所には食料品屋さんらしき店2軒有り。
しかし、賞味期限要チェック!!
賞味期限OKだったチョコは白くなってました。


刺身定食が2000円です…
ヒラス(ヒラマサの子)、サザエ、天ぷら、イカ刺身、他

民泊の阿比留さん夫婦です。








明日は晴れるので、ここから56nm、五島列島の北端に有る宇久島の宇久フィッシャリーナに向かう予定です。

厳原港→浅茅湾

2015年9月16日(水)

6:00まだ日の出前の暗い中を10時の【万関瀬戸】の潮流満潮に合わせ厳原港を出航、向かい風、向かい波の中を北上。

8時に【万関の瀬戸】を通過し9:00浅茅湾の湯多里ランド前の岸壁に接岸しました。
17nm、3時間の航海でした。







正面の島の手前を左に曲がります。
長い防波堤の内側は全く波が無く静かです。

万関橋が見えて来ました。

昨日の下見時は潮がぶつかり渦潮になっていましたが、連れ潮に合わせたので順調です…
オートパイロット任せでも真っ直ぐ進む!

橋をくぐり抜けました。

Fさんも大喜びです、良かったね!!

浅茅湾は穏やかで静かです。

湯多里ランド前岸壁の作業船の後ろに着けましたが、ここに台船が入ると言うので場所を譲り、台船に横着けしました。




雨が降ったり止んだりなので午後からは
目の前にある日帰り温泉の湯多里ランドで過ごし、明朝対馬南端にある小さな漁港【豆酸漁港】(tsutsu)に進む予定です。


後ろの団体は韓国からのYou逹です。

今晩はヨットで自炊です…

対馬観光

2015年9月15日(火)

朝からレンタカーにて島内ドライブです…

万関橋、万関の瀬戸です
明治34年に旧日本帝国海軍が軍艦を通すために掘削した運河です

ここを明日ヨットで通過するので下見に来ましたが、潮の流れがものすごい!
よく潮の転流時間を調べなくては…








浅茅湾(あそうわん)を見下ろす、烏帽子展望台です。
この景色を見るために対馬に来たようなものです。






和多都見神社です

浅茅湾(あそうわん)のポンツーンです

金田城跡に行こうと山道を数10分走りました。 しかしまだここから徒歩約1時間掛かるので止めました‥
この城跡は、今から1300年前に唐や新羅からの侵攻を守る防人の国道防衛の最前線として築かれた古城として国指定特別史跡になってます‥


南端の豆酸港に向かう途中、登りの山道でアクセルを踏めど走らなくなり、車の故障で観光終了!

レンタカーの担当者に迎えに来てもらい、他の車に乗り換えて「真珠の湯」に行く。
精算では予定料金の半分位に対応してくれたので良しとする。

つしまのネコです… 目から光線!!

船に戻り下地を作り、今晩の居酒屋に!
周りはコリアンばかりです、アンニョンハセヨ!

矢柄(ヤガラ)の煮付けです、細長い珍魚です

明日は厳原港から万関瀬戸を通過し浅茅湾巡りし、対馬南端の豆酸港(つっつ)
に進む予定です。


壱岐→対馬(厳原港)

2015年9月14日(月)

6時30分に壱岐島(印通寺港)を出航、13時30分に対馬(厳原港)に入港しました。
44nm、7時間の航海でした。

西の果ての日の出は遅い。



北東の風10mオーバー、波高2m、アビームですが、かなりうねりました。
1Pリーフ機帆走でしたがデッキを波で洗い、やはり2Pにしとくべきでした。
玄界灘、対馬海峡舐めたらアカンゼヨ…!


壱岐島にお別れです

対馬が見えてきました。

フェリーターミナル横、ガソリンスタンド前、税関船の前に停泊させてもらいました。
ターミナルビル2階にある港湾事務所にて入港手続き、1泊30ftで271円です



風呂は近くに無いので、ガソリンスタンドで給油すると、二階にある船員用シャワーを無料で借りれます。

ここのSSでレンタカーを借りれるので明日は島内観光です…



やはり韓国人が多いです…

大きな物産館

韓国人向けのお土産コーナー、北海道や東京も有ります!!


酒は地元焼酎「やまねこ」です…
対馬で焼き肉と言えば「トンチャン」だとか…

対馬山猫です(写真の写真)

壱岐観光

2015年9月13日(日)快晴

早朝からFさんがアジ釣り開始、餌なしサビキで入れ食い30分で15匹位

直ぐ刺身にし御相伴
近くのお婆ちゃんから、さばき方の手ほどきを受ける

今の晩ご飯は伏見食堂でアジ定食(刺身と塩焼きに)決まり!


レンタカーにて勝本の朝市に行ったが、本日は島の運動会にて市場が成り立たず。

猿岩です







魏志倭人伝に記載されていた、原の辻遺跡、一支国復元公園から一支国博物館を見学




晩飯はアジ定食です…


明日は古代海のシルクロード、福岡、長崎よりも韓国に近い島、対馬に行く予定です。
観光客も10対90で韓国人が圧倒的に多いです。

西海パールシー→印通寺(インドウジ)

2015年9月12(土)

6:20分に長崎県佐世保市の西海パールシーを出航し、13:30分に長崎県壱岐島の南岸にある小さな港の印通寺港に入港しました。
当初は東の芦辺港か西の郷ノ浦港を予定していましたが、パールシーの皆さんインド人、インド人? が良いと言うのでどんなとこか? と!入りました。

着くと市の職員が待ち受け、もやいを取ってくれました。
浮き桟橋係船料1日151円を支払う

54nm7時間10分の航海でした。
曇りで、たまに小雨のパラつく中、風弱く波も追い潮で順調な航行。




腰椎手術から半年間経過し、医師の指示を守り運動を控えていましたが、今日から10日間、昨年台風で回れなかった壱岐島、対馬、五島列島を回る計画です…

昨日から横浜金沢八景マリンクラブからの長年のヨット仲間Fさん乗船での2人旅です…
Fさんは以前は金沢八景で37ftの自作艇に乗ってましたが、現在は西伊豆にマリーナ32のケッチを所有するオーナーです…

仲間がいると、直ぐに乾杯です…
Fさん

壱岐焼酎にシメさんまです…

壱岐島は麦焼酎発祥の地ということで、玄海酒造の世界が認めたという「麦焼酎壱岐」をロックで飲み美味しかったので買っちゃいました。


明日はレンタカーで島内観光予定です。
この島で使える島通貨は5000円で買える6000円のプレミアム商品券、20パーセントお得です。


風呂はポンツーンから2分の旅館「網元」で400円で入れてくれました。

目の前に食品の西川ストアーがあり、また港のマリンパル壱岐で海産物等が買える便利な所です。 後日車で芦辺港や郷ノ浦港を見に行きしたが印通寺の方が良かったと思います。

金沢八景マリンクラブ旗が変わりました。上が新しいクラブ旗、下が以前からのクラブ旗です…、長年使用しビリビリになりKMCのCが半分なくなりました。