小笠原父島二見港を出航

2017年5月18日()

15:30小笠原父島二見港を出航

一路 マーシャル諸島に向かいます。

首都マジュロ入港まで2054nm   7ktで12日間、6ktで14日間、途中に島は有りません。

ここからはセーリングです。

携帯電話の電話、インターネットもつながりません。

町の中心部

スポンサーサイト

小笠原父島滞在

2017年5月17日(水)

朝から低気圧の影響で風波強く、船内の気温27,5度湿度80%    いつも元気なNさんとYさんに連れられ釣り浜にシュノーケリングへ行く

海底はテーブル珊瑚,枝珊瑚 魚も各種 シャコ貝

道には南海の様子

昼食は島寿司 丸丈

亀の玉子

午後からは小笠原ヨットレジェンドで金沢八景マリンクラブOBのM氏が52ftカタマランを作っているトンネル造船所を見学  凄い!  よくこんな大きな艇を

カタマランの片側ここまで2年

デッキ上

完成模型

右から二番目が船を建造しているMさん

ウミガメセンター

明日の午後出航予定ですが、風が収まる明後日に出航延期かも知れません。

夜は船で、刺身です、Kさんのさばきとお洒落な盛り付けです。

右側がさばいたKさんです。

八丈島~小笠原父島

2017年5月14日(日) 7:30八丈島神湊港を出航

5月16日(火)12:35 父島二見港入港  380nm

53時間05分の航海でした  

この岩の向こうが二見港入口です

長期航会 会員 広島のエスカルゴ ラグーン38にて4名でアラスカ シトナに向かうところ

港の中に海亀がいます

オケラネットのカイジンさん

八丈島滞在

2017年5月14()

前線通過のため八丈島滞在

地元の方に車を2台借りたので、午前中全員で八丈島南の末吉地区の温泉に行く。

そこでKMCにいたOさん夫妻に再会。

午後は島内散策

焼酎樽

くさやと差入れの島焼酎で酒盛り

八丈島寄港

2017年5月12日(金)

0320 三崎港を出航 

1955八丈島 神湊港に入港

120nm   16時間35分という驚異的スピードでした。

南西→西の風 6~10m  波1.5m

7~9kn   三崎から大島通過3時間 

当初は小笠原父島二見港まで直行予定でしたが、13日は前線通過で荒天が予想され、八丈島にて1日地待機する事にしました。

地元のTさんが、繋留位置を指示し出迎えてくれました。

小笠原まで乗船のOさんが、食事を担当してくれます。美味しく牛丼完食です。

朝食は各自用意

私はロングライフパンセット、ロングライフ牛乳、野菜ジュース、お粥等を持参、すごい荷物ですが、さすがこの船は何とも無い!

いよいよ南太平洋に向け出航です。

2017年5月11日(木)

17:20  横須賀市 深浦港を出航

21:05 三浦市 三崎港に入港しました

 18nm   3時間45分の航海でした

南西~西の風 6~10m   波0.5~1.5m 

この艇はマスト高さが25mなので城ヶ島大橋をくぐり抜け出来ず、相模湾側に回らなければなりません。

当初は三崎港にて給油する予定でしたが、出航が遅れて到着も遅くなり、マグロ丼も食べれずコンビニ弁当となりました。

50~70代 紅一点 8名のクルージングです。

(2名は三崎から乗船)

初日としては暗い中でのトレーニングに丁度良かったと思います。

いよいよ出航!

5月11日(木)出航です

おおよその予定日は以下の通りです

0511   横須賀発

0512   三崎発

0516   小笠原 父島  二見港入港

0518   小笠原 父島  二見港出航

0602   マーシャル諸島 マジュロ入港

0608   マジュロ出航  環礁巡航発

0624   環礁巡航着 マジュロ入港

0626   マジュロ出航

0703    ポンペイ着

0705    ポンペイ発

0708    チューク着

0710    チューク発

0713    グアム着

0716    グアム発

0720    小笠原父島二見港着

0725  ~末 横須賀着

ヨットは風・波任せなので、あくまでもアバウトな計画です。

南太平洋へクルージングです。

半年振りにブログ再開です。

この度、縁あって南太平洋をクルージングするヨットに乗船することになりました。

まず日本の世界遺産で唯一、行っていなかった小笠原に寄港することと、憧れであった南太平洋の珊瑚礁の島々に行くことを聞き、メンバーに入れてもらいました。

出発は5月中旬、帰りは7月末頃を予定。

横須賀→小笠原(父島)→マーシャル諸島共和国(マジュロ、ビキニ環礁等)→ミクロネシア連邦(チューク、ポンペイ等)→北マリアナ諸島(グアム島)→小笠原→横須賀の予定です。

乗る船は 57ft の鉄製で全長17.4m、  幅4.8m、28tnマスト25mの大型ヨットです。 乗員は6~10名の交代です。長期航海者懇話会のメンバーも6名入って皆さんベテランなので安心です。

多くは珊瑚礁の島々で戦前までは約30年間を日本が統治していた南洋諸島で、未だに戦跡が残っているところです。

綺麗な写真が沢山撮れそうですが、インターネットは個人的には使えないの 道中ではブログアップは出来ません。帰ってからか出来る所でまとめてアップするかな。

日本からはGPSによる船の位置や航跡は提携する気象予報士馬場さんのブログで見ることが出来ます、また無線局オケラネットの掲示板にて動向をインターネットで見ることが出来ます。 出発前に方法を掲載します。