スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷見港→和倉港

2014年8月30日(土)
5時10分、まだ暗い内に富山県氷見市の氷見港を出港、昨日と打って変り、北からの向かい風8~10mで波も高く30分すると雨も降ってきた。

行き先の考えは3通りで決めかねていた。①能登半島先端の狼煙、②能登小木港③七尾湾西岸ヨットクラブ

この向かい波では到底、艇足も上がらず①②は断念!

ここは雨だが、東の雲の間から日の出が見え明るくなってきた。





七尾湾に入れば波は静かなはずだ

波の直撃を避けてジグザグに約4時間かかり、9時に七尾湾に入る、
案の定、地獄と天国の違いだ、
【苦あれば楽あり】

風光明媚なところです。

後ろを振り返ります

左手に七尾市が見えます

右手の能登島大橋(屏風瀬戸)の右に建物が見えてきました。

和倉温泉です



加賀屋ホテルの前の岸壁に停めさせてもらいました。
10時30分着岸。5時間20分の航海でした。







今日は和倉温泉で休養しよう。
日帰り和倉温泉【総湯】です。440円


TSUYOTAKAのKさんが居ないと風呂で黒さが目立ちジロジロ見られます。
世間は秋なのでしょうか?
私みたいに短パン、Tシャツは少なくなりました。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

あは!黒さが目立ちますか。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。