スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小浜港→伊根(いね)港

2014年9月9日(火)
8時50分に福井県小浜市小浜港を出港13時05分に京都府伊根町の伊根港に着きました。

24nm、4時間15分の航海でした。

朝起きると結構強い風が吹いて船体が揺れている、気象予報を見ると、小浜港も予定地の宮津港も6~7mの北西の風です‥、堤防の切れ目から見ると小浜湾にも白波が立っています。宮津港は堤防が頼りなさそうであり出港を諦めました。TSUYOTAKAが移動した造船所の方を見に行くと漁船がいっぱいでした。

風向きを変えるため、今停めている先の漁協センターの方に移動し、しばらくすると風がやや弱くなり、行く先を伊根に決定出航!

宮津港も伊根港とも近いのですが、立ち寄るのは宮津港は【天橋立】駅の隣、伊根は一階に舟が入る【伊根の舟屋】で風光明媚な所です。

出航後、小浜湾を出ると風並みとも3時方向からの7~8m、後2時方向からの8~10mに変わり、背中からお尻まで波をかぶり、小イワシも飛び込んで来ました!
舞鶴成生岬です

神が宿る冠島、沓島です。

丹後半島の陰、伊根の近くに入ると波はなくなりました。

伊根港の入口です
rder="0" />
【伊根の舟屋】ここは必見です!











右側が小浜港、左側が伊根港です。

ヨット長期航海者の間では有名な向井酒造さんを訪れました。(創業250年)
ノート二冊に訪問者記帳や名刺があり、今回出会った多くのヨットが記帳されています。ラメールも名刺添付!

此方の酒造の酒は甘口が多い、何故かと言うと【へしこ】を肴にして飲むからという。【へしこ】とは鯖を塩付けした後に糠付けし、日本酒で洗うが、塩辛い!
しかしこれが旨い!血圧に悪そうやだが、反対に血圧を下げる効果が有ると言う。

試飲後、買い物し女性杜氏の久仁子の酒をプレゼントされる。



夕食は、ここ一軒か?兵四楼17:00から

お風呂はヨットの目の前、民宿【与謝荘】で入れてくれました。500円



入口には自然の防波堤、青島があります
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。