隠岐西ノ島→大社港

2014年9月19日(金)
5時30分に隠岐諸島、西ノ島、隠岐シーサイドホテル鶴丸さんの桟橋を出航し、14時10分に島根県出雲市の大社港に着きました。

51nm、8時間40分の航海でした。

朝4時に起床したが、真っ暗で満天の星空でした。やはり日の出が遅くなり5時半頃にならないと出航は無理です。
中ノ島の空が朝焼けになってきました。

すぐ日が登りました。

西ノ島と知夫里島の間【赤灘の瀬戸】は狭く、片側は浅瀬が有るので、中央から灯台寄りを通ります。

また頭上には送電線が有るので、嫌な感じがします。

中間点までは北西の風1~3mの追い波、後半は北東の風3~6m斜め後ろからの不規則な、うねりでローリングが大きくジブも役に立たず、OPは使わず自分で舵をとりました。

上を見ると太陽の周りに環が出来ています。調べると日暈(にちうん)という光学現象だそうです。

日御埼を回り込むと大社港です





右手、山の裾に出雲大社があります。



境港→隠岐諸島→大社港ルート

神話の舞台【稲佐の浜】此処で神々が国譲りの話し合いをしたそうな。日本の渚100選。

【出雲大社本殿】





【神楽殿】




今日は長時間、舵を握って疲れましたが、この近くには風呂が無いようです、しかし明日は楽しみにしている温泉津港まで近いので我慢しましょう。
温泉津港では【世界遺産の石見銀山】観光をするので、数日間滞在しようと思います。
どうも台風16号がこちらに向かって来るみたいですが温泉津港は北前船の時代からの良好な港だと思うので良い場所を確保したいと思います。
または浜田港に避難する事も考えます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する