スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィッシャリーナ室津→旧門司港

2014年9月28日(日)
関門海峡、東への転流時刻14時47分に合わせ11時45分にフィッシャリーナ室津を出港し、15時45分に旧門司港第2船溜まりの使われていないポンツーンに着きました。

24nm、4時間00分の航海でした。

本来は室津から福岡に向かう計画でしたが、来年鹿児島から別府に北上し、また日本海に出るのもどうかと思い、とりあえず関門大橋を渡りUターンし、レトロな町、旧門司に停泊する事にしました。
室津のヨットクラブの皆さんに関門海峡の航行やら船溜まりの位置を教えて頂き助かりました。

フィッシャリーナ室津出港



また新門司マリーナから室津に来ていたTsubasaさんが門司まで先導してくれました。
今日の東への潮流は最大7.7kn,でしたが、通常のE回転で7,5kn,西向き戻りで3,5
kn,の艇足であり、潮流は約2kn,位と推測します。橋の下はかなり潮が岸にぶつかり波立ってました。

大型船がタグボート4隻に引かれて航行、思ったほど船の往来はありません

【巌流島】です

下関側です

門司側です

【関門大橋】です

橋を潜り抜けます





ここに停泊しました、2年前TSUYOTAKAさんとコントレールさんが停めた場所です。もうここの干満差は1m70cmあります。



上が室津、下が門司です。


【三宣楼】
昭和6年に建てられたら木造三階ての九州で最大級の料亭。

【門司港ベイエリア】

【旧三井倶楽部】

【バナナマン】イエロー&ブラック

【レトロ食堂】で懐かしのクジラ定食

【関門大橋夜景】


門司港の夜景は函館に似たところがありました。
出発してから、もうすぐ5カ月になろうとしています、北の果てを回り、とうとう九州まで来ました!
感慨深いものがあります。

明日の関門海峡、西転流は9時半頃なのでゆっくりの船出です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。