スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相馬港に着きました

5月19日(月)
4時25分に四倉港を出航し、13時30分に
福島県相馬市の相馬港、松川浦に入港しました。
留める場所を探してウロウロしていると、岸から福島県水産事務所の方から質問があったので、燃料補給の為、停泊場所を探している事を告げると、どこかに携帯で連絡を取り復興建設中の魚市場の方に付けるように案内されました、指示場所で漁協の方と一緒に質問を受け、燃料補給とこれからの天候により停泊したいと告げると基本的には停めれる場所は無いが、追い返す訳には行かないと、もやいをとるのをお願いし大変親切に対応して頂きました。
漁協の方は、これから先の天気図を持ってきて、しばらくは天候が良く無い事を教えてくれました。また着くと同時に手配された燃料補給ののタンクローリーが着き満タンになりました。皆さんには感謝致します。
しばらくして、相馬港港湾建設事務所の方が訪問され、色々と注意事項を受けました。

大津から松川浦までは直線では約45NMですが、原子力発電所を避けて沖を通過したので、
60.3マイルかかりました。

天候が回復するまで、此処に居ようと思います。
歩いて10分弱に【手作りの湯栄荘】というお風呂800円と休憩、食事が出来る所が有りました。サウナ、露天風呂で、ゆっくり浸かり疲れを取る事が出来ました。
四倉港出航です

東京電力福島第一原子力発電所沖10マイルにある風力発電です。観測用でしょうか?
(現在は5マイル離す規制ですが、あえてその倍としました。)
快晴で見通しが良く原子力発電所が見えます。

ズームすると、貨物船が近くを航行しています。

松川浦の入口です。漁船がどんどん帰って来ます。

松川浦大橋15mを潜り抜けましたが、ギリギリみたいでした。この先は漁船が一杯でウロウロし
指示を受け再度引き返しました。
漁船がずらり並んでいますが、岸壁にいた釣り人によると原発からの保証金による試験操業のみとの事です、釣り人は獲物を食べているとの事です。


漁協復興建設用地前です、建物は製氷所です


松川浦大橋です、その先にマリーナ(ボート?)があると水路図に記載があったので、行ってみることにしました。

橋の高さ15m、水面からマストまで13
ギリギリです…

手作りの湯栄荘です、ここで800円でお風呂に入れます

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

松川浦に移動しましたね
魚市場の横縦方向でしょうかね
今晩~明日は雨予報ですね
土曜からは良い天気になりそうです

松川浦

順調なようで、松川浦入港ですね。お疲れ様です。3年前、3/11そこで蟹祭りがあるので向かっている最中、高速で揺れ逢いました。筑波の横だったのでUターン、渋滞を避けながら2日後に帰宅しました。従来の移動時間だとまさにその港で被災していたでしょう。当日朝方用事があって3時間ほど遅くなったのが幸いでした。帰路ラジオで三浦も10mの津波警報発令と聞き、係留中の船はもう駄目だと思いましたが、実際は引き潮時2m弱で済みこちらも難を逃れました。どうぞ気をつけて航海をお続け下さい。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。