西海パールシー→印通寺(インドウジ)

2015年9月12(土)

6:20分に長崎県佐世保市の西海パールシーを出航し、13:30分に長崎県壱岐島の南岸にある小さな港の印通寺港に入港しました。
当初は東の芦辺港か西の郷ノ浦港を予定していましたが、パールシーの皆さんインド人、インド人? が良いと言うのでどんなとこか? と!入りました。

着くと市の職員が待ち受け、もやいを取ってくれました。
浮き桟橋係船料1日151円を支払う

54nm7時間10分の航海でした。
曇りで、たまに小雨のパラつく中、風弱く波も追い潮で順調な航行。




腰椎手術から半年間経過し、医師の指示を守り運動を控えていましたが、今日から10日間、昨年台風で回れなかった壱岐島、対馬、五島列島を回る計画です…

昨日から横浜金沢八景マリンクラブからの長年のヨット仲間Fさん乗船での2人旅です…
Fさんは以前は金沢八景で37ftの自作艇に乗ってましたが、現在は西伊豆にマリーナ32のケッチを所有するオーナーです…

仲間がいると、直ぐに乾杯です…
Fさん

壱岐焼酎にシメさんまです…

壱岐島は麦焼酎発祥の地ということで、玄海酒造の世界が認めたという「麦焼酎壱岐」をロックで飲み美味しかったので買っちゃいました。


明日はレンタカーで島内観光予定です。
この島で使える島通貨は5000円で買える6000円のプレミアム商品券、20パーセントお得です。


風呂はポンツーンから2分の旅館「網元」で400円で入れてくれました。

目の前に食品の西川ストアーがあり、また港のマリンパル壱岐で海産物等が買える便利な所です。 後日車で芦辺港や郷ノ浦港を見に行きしたが印通寺の方が良かったと思います。

金沢八景マリンクラブ旗が変わりました。上が新しいクラブ旗、下が以前からのクラブ旗です…、長年使用しビリビリになりKMCのCが半分なくなりました。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する