悪石島(あくせきじま) 滞在

2016年5月11日(水)

午前中はまだ波が残っている。午後からは穏やかになるが、明日も明後日も天候は安定なので無理せず滞在を決める

8時前からフォークリフトが動いている、聞いて見ると8時45分に週2便の定期船が入港すると言う。

2012.jpg 2010.jpg 2015.jpg 2014.jpg

人々が20人位集まって来た、この島の事を聴く、私もTVで最近この島のドキュメンタリーを見て、小学生がたった一人と聞いていたと話すというと、『ああヒカリちゃんだよ去年TVで放映されたと言う』。  

作業員はつなぎ服の背中、ヘルメットに【悪】と書いた服を着用、その他の人は注文した食料等の荷物の受け取りの人だ。

鹿児島からフェリーが入港して来たが、想像以上にデカイ!

2011.jpg

船から降りて来た乗客はリュックを背負った小学生の女の子がたった1人だけでした。

その女の子に、おじさん君の事をTVで見たよと話すと、はにかんだ。 どこに行ってたのと聞くと隣の宝島にある歯医者に行っていたと言う。

週2便の船なので3~4日掛かりだ!

2020.jpg

この島は30世帯 約70人が住むと言う。半分は公務員とか

2022.jpg

港地区に5軒、後は山の上に上集落がある。

温泉の場所は写真の山の崖が崩れてる辺りだと聞く 島の温泉はどこも開く時間が決まっている、やはり人が少ないので光熱費節約なのです

2026.jpg

素晴らしい自然の景色、山羊も歩いている、気を付けないと落とし物を踏んでしまう。

2038.jpg

風呂に着くと、何処からか電動カートに乗った、おばあさんがやって来た、何を聞いても、私は耳が悪く聞こえないと言う、だが男風呂はこっちと教えてくれる。

お風呂は島民以外200円、薄い緑色の丁度良い湯加減だ。

自然歩道と書いた標識があり、ちょっと足を踏み入れると亜熱帯ジャングルで沼の対岸には白鷺がいる。

2029.jpg2045.jpg2046.jpg2047.jpg

温泉の先の山の上には地熱の煙が上がり、その下には砂蒸し風呂もある。

2041.jpg

観光案内看板に、この島の祭り【ボゼ】の写真があった。

*ボゼとは熱帯植物の葉っぱを身にまとい、悪霊の仮面を付けて踊る。まるでニューギニア等の少数部族の祭りと似ている

2016.jpg 人形岩 というのですがゴリラが座っているように見えます。 2051.jpg

*写真は後日入れます

  *5月30日に写真挿入しましたが、サイズ調整がうまく出来ません

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する