悪石島→宝島マグロを釣りました!

2016年5月12日(木) 

悪石島を5:40出航  宝島に10:35入港 

28.32NM   4時間50分 平均5.8knの航海でした。

晴れ 南東の風1~3m   波 0.5m  

2053.jpg 途中の小宝島です 2055.jpg

途中、小宝島付近にて穏やかなので、釣り糸と針を切られたのを修理してケンケンを流す。

デカイのが掛かった! 揚げる時に糸が切れるのではないかと言う程、重い!

メジャーで計ると73cmだ!

あとでスマホが使える用になって調べると、マグロだ!

多少若いので【メジかシビ】だと思います。

当然、一人では食べ切れないので写真を撮りリリースです。

*後日、古仁屋海の駅、食堂で魚をさばく、お兄さんに写真を見てもらと、【シビ】だと言う。シビはキハダマグロの子供でこちらの呼び名です

10kgを超えるとキハダマグロと呼ぶ、多分7kg位じゃないのと。 

2094.jpg 宝島が見えてきました 2057.jpg

宝島は入り口の一文字堤防の拡張工事が行われて、港内は穏やかでした。

2059.jpg 2060.jpg 2062.jpg 2064.jpg 2065.jpg 2066.jpg 港の真ん中に天然の岩礁が突き出ています 2078.jpg 海水は透明です 2077.jpg 海水が引くとサンゴが現れます 2079.jpg 村の温泉は今日は休みで冷たいお湯でしたが体を洗わせてもらいました 2081.jpg

一番近くの民宿浜坂荘に夕飯を頼む。黄色の車が目印

2076.jpg イギリス坂 2070.jpg

【宝島】

1824にイギリスの海賊が出没し、応戦したと言う記録が残っている。  この時の話がスチーブンソンの小説【宝島】のヒントになったと言われている。

イギリスの海賊キャプテン.キッドが連邦裁判所で、この島に宝を隠したと証言した事により、後世に海外からもお宝ハンターが多くやって来た。

島の南西には宝を隠したと言う鍾乳洞があるが、遠くて行けませんでした。

夕飯は民宿 浜坂荘で 電力工事に来ている方たちと楽しく食事させてもらいました 2092.jpg 人懐っこい猫ちゃん達です 2088.jpg

*マグロの写真は後ほどのお楽しみです!

*5月30日に写真を挿入しましたがサイズ調整がうまく出来ません

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する