スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奄美大島名瀬港→宝島前篭漁港

2016年8月16日(水)

奄美大島 名瀬港を6時10分に出航 

宝島 前篭漁港に15時25分に着きました。

51.6nm   9時間15分の航海でした。

予報では落雷注意報が鹿児島県から沖縄まで出ており、嫌な感じもありましたが、出航することにしましたが道中雨も雷も有りませんでした。 

予想どおり、大きな島の蒸発する水蒸気と小さな島の水蒸気量によって違いが生じるのではないかと思います。

北西の風 5~7m  波1m  薄曇り 

いよいよ今日からトカラ列島に入ります。 

十島村で有人島が七つあり、小さな火山島が点在しています。   

人口は50~200人前後で、週に2便の 十島村運営の【フェリーとしま】が鹿児島市にから奄美大島名瀬間を就航しています。

お客数の割に船は大きい、災害時の全島避難等を目的

に備えているのでしょうか?

全部の島に行くには最低でも二週間、海が荒れれば回復するまでは、待たなければならない過酷な島々です。

その為、一般観光客は来なく秘島マニア、秘湯マニアやインフラ整備の工事関係者、沖縄回航のヨットしか訪れる事の無い、日本最後の秘境とも呼ばれています。

村役場は島になく鹿児島市にあるのです。 

住んでいる人の内、公務員の比率が高いそうです。

学校は有りますが、店は無い島もある。 

火山島なので温泉は有ります。

また、ここは黒潮の通り道でその影響を受ける難所です。

ほぼ同時刻に出航した貨客船と中間でクロスした貨物船以外は漁船も見かけませんでした。 

古仁屋の中心部、港町。中心右の白く日の丸が揚がっている建物が海上保安庁。川沿いを行くとスーパーがあります。

航行途上は写真を撮る景色も有りません。

コメントでも暑さ対策を心配していただいています。

クーラー及ビミニトップも有りません。

ヨシズ、ミニパラソル、水で冷やすクールタオル、ヒヤロン、熱さまシート、氷かき

今日はハワイアンブルーです。

頭の防御が弱いのですが、垂れ付き帽子、サングラス、塩飴などで耐えています。  

水分は撮り過ぎるくらい浴びるように飲んでます。

しかし、デッキが熱い! チーク材、FRP、金属どれも熱い。

履物もクロックスが熱で縮み、足の裏が火傷状態でキリキリ痛む。  畳ぞうりみたいなのが良いのかな?

暑さ対策で良いのが有れば教えて下さい。 。

宝島が見えてきました。 

航路の左右は珊瑚礁リーフで白波が立っています。

往路と同じ所に泊めました。

今日は大潮で干満が1m80有ります

温泉は火曜日と木曜日なので入れません 

温泉横の水道ホースを借りて行水です。

売店は5~7時オープンで氷はゲットしましたが、明日までには溶けてしまうので、今晩かき氷🍧食べます。

やはり品数は少ないし、野菜はタマネギ、ジャガイモ、キャベツ、大根位で冷凍食品など保存食が多い。

果物はオレンジが1個だけ、アイスクリームは1種類のガリガリ君のみ、それも在庫は5個だけ。

 ブロックアイスは在庫たっぷりでした。

明日はラッキーに悪石島で年に一度のボゼ祭りです。

大きな仮面に熱帯植物を身にまとった悪霊が泥を人に塗りたくります。まるで南洋の霊媒師みたいです。

まあ泥を塗られても、もう日焼けで真っ黒ですから。

これを見るツアーが特別便のフェリーでやって来るそうです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

熱さ対策は大変ですね。
不用意に裸足でデッキを歩こうものなら、火傷をするし、手摺りでも触ろうものなら、手が倍に腫れ上がる。

かき氷はイイね。
悪天候で、足止めを食わないのを願ってます。

安全航海

暑さ厳しいこの時期のクルージング熱中症にならないように体調管理に万全を期してクルージングを楽しんで下さいトカラ列島はよこわ カツオがよく釣れます 東海海域に入ったら是非蒲郡に入って下さい 徳島阿波踊りの帰りに那智勝浦にて

Re: 安全航海

お久しぶりです。
やっとクル-ジング再開する事が出来ました。
夏は北海道の涼しさが思い出されます。
近くに寄ったら連絡します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。