スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀伊勝浦港→尾鷲港

2016年10月12日(水)

   

6:15 和歌山県 勝浦港を出航 

13:30 三重県 尾鷲港に着きました

38nm   7時間15分の航海でした。 

平均速度は5.3knでした。

天気は曇り時々晴れ 北東の風3m 東南からのうねり2~1.5m   逆潮で速度が出ない。 遠く沖合に本船は見たが、尾鷲に着くまでは漁船も見かけない。

途中でヨットに行き合ったが退屈な1日でした。

やはり【熊野灘】は走りにくい!

勝浦港 中之島ホテル

勝浦港 出入り口横の奇岩

今日は波は小さいが、うねりが当たる

九木埼の次の岬を過ぎ左に回り込むと尾鷲港です。

正面が尾鷲市

湾口が東を向いているので、うねりが入り落ち着かない。 九木浦に入った方が良かったと思うが、ここは目の前にGSがあり給油や買い物、風呂、コインランドリーも近い。

右下が勝浦港、左上が尾鷲港

到着後、今年初めての海上保安庁の臨検を受けた。本当に久しぶりです。

しかし、ここはうねりが酷い、船が前後に動く、チェーンを使ったが舫が切れないか心配なのと、ゆっくりと寝れるかな?

自転車で町を探索、尾鷲市にも熊野古道がありました。

左の蔵は江戸時代からの紀州藩の米蔵だそうです。

古い豪邸  皆、土井さんです。

調べて見ると、山林経営家で土井見世(店)として知られた旧家で、建物9棟を市が買い取り、H27年国の有形文化財に指定されたとのことです。 住んでる方は古くて大変でしょうが保存されることは良い事です。

ランドリーから帰ると、前にタグボートが停泊、風除けにはなるが、うねりは突堤の下に貫通口がある性か収まらない。

自転車のライトが壊れ、買いにホームセンターまで約往復3km走り、帰りに養老滝へ、たまにはサーロインステーキでも食べれるかと、生ビールを頼むと、本日から始まったキャンペーンでスクラッチ。 A賞で厚切りベーコンステーキが当たった。 ラッキー!

銭湯は尾鷲神社の先に五月湯もあったが、近くの熊野古道そばの銭湯300円に入りました。

明日は静かな五ヶ所湾に行く予定ですが、何処に停めるかはまだ未定です。

湾内には五ヶ所浦、志摩ヨットハーバー、海遊人マリーナ等沢山あります。

お薦めがあればご連絡下さい。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

お疲れ様です 五ケ所はいつも通過するので案内が出来ません 安乗は去年と同じだと漁港に入って直ぐ左に曲がって最初に当たる岸壁に付けてある使ってない沖丸に付けます風呂と食事の民宿は右側にあります 出るときは湾を出て直ぐ神島に向けると定置網に掛かる恐れがあります きらきら丸が繋りそうになりました
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。