スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームポートの紹介

平潟フィッシャリーナ

ホームポートの平潟フィッシャリーナは漁協が管理し、日本フィッシャリ-ナ協会が運営する繋留施設です。
京浜急行 金沢八景駅から徒歩約10分の平潟湾にあります。
平潟湾は東京湾から奥まった長さ1km幅0.3kmの天然の入り江で、大変穏やかで台風時も安心できる良港です、ここには釣りの遊漁船も数十隻停泊しています。
江戸時代歌川広重など多くの浮世絵師が描いた名所の風光明媚な地です。

DSC00550_平潟1DSC00548_convert_20140501182621_20140501183712155.jpg


全体で約250艇、ヨットは約40艇程繋留していますが、動いているヨットは約半数位です。
ここに来た当時は多くのヨットがありましたが、高齢化が進みマスト起倒が大変なので他のハーバーに多くのヨットが移ってしまいました。私は家から近く便利なため、ずっとここに繋留しています。

金沢八景マリンクラブ
このクラブは1978年創立で38年の歴史がありヨットとボートが仲良くしています。バーベキューや釣り大会、ヨットは4月~10月には毎月レースを行っています。
先輩たちにはコンクリート製や鋼鉄製ヨットの自作者も多く在籍されていました。
また、日本一周をした「TSUYOTAKA」もここに在籍し同じシングルハンダーであったので伊豆や八丈島にも一緒に乗せてもらいました。

ここを出ると海の公園、シーパラダイスにつながっています。
この近辺には日本最大規模の横浜ベイサイド・マリーナや浦賀のヴェラシスなどの高級民間マリーナがありますが、この平潟フィッシャリーナは自動車の駐車料金程度で繋留させてもらっています。
DSC00551_convert_20140501183450.jpg

しかし、ここの港に出入りするにはモノレールの橋脚と橋を2本くぐらなければならないため、出航帰港の度にヨットはマストを起倒する必要があります。
これは体力のいる作業と危険を伴いますが、私は慣れているのと簡単にできる起倒システムを装備しています。
マスト起倒方法については次回説明します。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。