スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の津軽海峡横断

6月5日(木)
昨晩、下風呂の温泉で地元の漁師さんに津軽海峡横断について質問したところ、海峡は日本海からの潮流が強く5~6ノットにもなる事もある。
また東風の時は、大間沖では潮とぶつかり、山のような大波になると脅かされた。
そういう時は漁船も出ないという。
今日からは3日間天気が下り坂で、風も東風だが潮は小潮だ。目的地の函館はそれほどの風ではないので濃霧では有るがカッパの上下に長靴を履き出航した。
案の定 「やませ」 が来て先が見えない!


大間沖に近づくと波も高くなりデッキを洗う。
風は8~14mの東風、2ポイントリーフ機帆走
div style="text-align: left;">

大間沖からジブを出し、アビームで乗り切ろう!
ジブを少し出そうと思ったら全部出てしまった。
ローリングしながら7~8ノットで航行。
海峡の真ん中位でブォーと汽笛が聞こえ、慌ててジブを巻き低速を落とし辺りを警戒。

急に視界が広がって北海道の山が見えて来ました。 更にしばらくすると函館の街が見えて来た。

朝4時30分に下風呂を出航し、37nm、9時30分函館港に入港、10時20分、函館観光のメインスポット、赤レンガ倉庫前に接岸した。
短い時間ではあったが、太平洋を横断しサンフランシスコに着いたような緊張感と達成間を味わいました。





前に停泊のヨットは、カナダとニュージーランドから来た船です。
今朝、函館山の手前でストームジブで東に向かっているヨット(カナダ艇)を見ましたが、走れきれずに戻って来ました。


八戸市から修学旅行に来た子供達です。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

祝 津軽海峡無事横断

津軽海峡無事横断おめでとうございます。梅雨入り前に北海道へ。前に泊まっている紺の船体の船は、今年4/20-24沖縄レースの回航で行った宜野湾マリーナで会いました。51歳のプロフェッサー夫妻がリタイヤしてもう6年もの航海だそうです。これからアリューシャンを経てカナダへ渡るといっていました。

No title

よくぞ渡りましたね。
大荒れだったでしょう。
関東東海梅雨入りの」ようです
天候がすぐれませんから
ゆっくりなさってください
電車で観光し函館は銭湯が温泉ですから
2・3入ってみてくださいませ

No title

お疲れさんでした。
海峡横断の達成感はさぞかしでしょう。
私も先月28日から6月2日まで新西宮ハ-バーから沼津まで300マイル回航のお手伝いをしました。
天気がイマイチになってきました。
無理をせずにノンビリ行きましょう!



Re: 祝 津軽海峡無事横断

こあじさん、ニュージーランド艇の人に、つたない英語で尋ねたら、確かに4月に沖縄にいた人です。
カナダに向かうのに日和見とのことです。

No title

おはよう!今、柴田が来ました。PCで写真やら文書を見ています。北海道は一回りするのですか?それから沖縄ですか、柴田が東三条を思い出していますですって。では十分気おつけて楽しんでください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。