マジュロ→ポンペイ

2017年6月19日(月)13:40 マーシャル諸島共和国マジュロ港を出航

6月24日(土)10:40 ミクロネシア連邦 ポンペイ(旧ポナペ)島 に到着しました

マジュロにて2名下船……計5名

793nm    4日間と17時間 マジュロから真西270度へ直進でした。

この島は珊瑚礁に囲まれていますが、火山島で海抜800m級の山々が連なりま、マーシャル諸島環礁の景観とは異なります。

沖合いに随分錆びた船が留まっている、よく見ると環礁に座礁した船でした。

環礁内は浅瀬が沢山有り、慎重に進む。

環礁の外に沢山の船が停泊しています、中は浅いのか?

公共岸壁が狭く、一度に5~6隻位しか接岸出来なく順番待ちのため、沖合いで待機していました。

台湾か中国のヘリコプター搭載した大型漁船が停泊しています。これでマグロも根こそぎトローリング!

さすが、日本の大洋漁業の船は一番綺麗です

朝入港したのに、この岸壁で、港湾管理、入管、税関、検疫の手続が終わるのが夕方まで掛かってしまい上陸させてくれません。あげくの果てに事前手続きしてないとペナルティー料金を請求される羽目になりました

ポンペイのダイヤモンドヘッド、ソケースマウンテン

この山の景色は絵になります

本船岸壁から最奥地にあるマングローブ・ベイマリーナに行くには浅瀬に珊瑚礁等が有り3~4mの水深にはドキドキしながら進みました。

マリーナ・レストランで結婚式が行われます。

子供も大人も皆さん、お洒落して参列です!

山の上にあるホテルから中央左側にベルベットムーンが見えます。左下がマリーナで、公共岸壁は右側上になります。

この島には道なき道を進むと、未だに多くの謎に包まれている古代の巨石遺跡『ナン・マドール』が有ります。

この遺跡を見に行くには、この土地を支配する子孫の部族の土地を通らなければなりません。 数か所で一人につ1~3$を要求されます

玄武岩で造られた大小92の人工島で構成

ここに来ると呪いがあるらしく、この後一緒に行った2人にナンマドールの祟りが襲う!

一人は河に倒れ、一人は痛風になりました。

ケプロイの滝 

ホテルから望む夕暮れの風景

念願のヤシ蟹を一人一匹食す、凄いボリュームで皆さん無口にむしゃぶりつく。

この島の手工芸品【アミモノ】何処にも飾っています

この島の土産品、木工細工の工房を見学

この島では車で島一周を楽しめました。

この島に長く住む日系人から立派なバナナを頂きました。

この島の水上警察にも日本財団から船を提供、陸に上がっているが動くのかな?

この地域に普及している噛みタバコ『ビンロウ』。木の実と葉っぱに石灰の粉を振りかけ、噛んでいると口の中が真っ赤なツバが溜まってきて、神経が覚醒するらしい。ほとんどのタクシー運転は噛んでいます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する