チューク→グァム島

2017年7月2日(日) 14:45ミクロネシア連邦チュークを出航 

7月5日(水) 23:45グァム島 アガットマリーナ着

グァム島近くでイルカがお出迎え併走

アガット・スモールボート・ハーバーに特別に一時的に空いている所を借りる事が出来ました。 ここにダイビングボートを繫留しているGさんの手引きで入港しましたが、深夜24時近くの入港は大変でした。

この桟橋の列にはグァム島の観光オプションツアーで人気の体験ダイビングやイルカウォッチングなどに観光客がひっきりなしに訪れます。

最近は日本人観光客が減り、韓国人と台湾人が主力です。 しかし現地人ボートのクルーはカタコトの日本語で案内説明しているのには笑います。

グァム島の別のマリーナ、マリアナヨットクラブを覗くと

そこにはヨット会のレジェンド『酒呑童子の斉藤実氏』がいました。

斉藤氏は現在83才で、単独世界一周レースに3回出場、過去に8度の世界一周を行った世界的に著名なヨットマンです。(中央)

グァム島でダイビングサービスを行っているGさんのボートでシュノーケリングを楽しみました。

右側Gさん夫妻と、久々の居酒屋で和食、生き返る

グァム島中心のタモン地区を望む

熊岩

熊?  いやビッグな人!

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する