スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余市港に着きました

6月24日(火)
朝4時20分に岩内漁港を出航し、北海道余市郡余市町の「余市河口漁港」に13時05分に着きました。
52nm、8時間45分の航海でしたが終始、穏やかな風と波でした。
しばらく、一緒に航行していた、西宮からのヨット、コントレールさんは、岩内で友人の待ち合わせがあり数日滞在するのでラメールは先行します。
小樽で追いつくでしょう。

泊原発の前には海上保安庁の巡視船がしっかりガードしています。

6時35分、ブロクウォッチャーのフェニックスさんよりアリューシャンで地震発生の電話がありました。いつも見守っていただき感謝です。

積丹半島(シャコタン)の神威(カムイ)岬が見えて来ました。



悲しい伝説の岩、源義経を追って来た、首長の娘チャレンカが身を投げて化身した岩で、言い伝えで女人を乗せた船がこの沖を通ると必ず舟が転覆したので、この先は女人立入禁止だったそうだ。

幸い本日は追い風、追い波でしたが、逆であったら大変な所です。

余部岳には残雪が残り風は冷たい。朝は15度でした。

余市の町が見えて来ました

湾の中央の小山の下に余市河口漁港が有ります。
ここは昨日、小樽ヨットクラブの方で、長距離航海者の方が、わざわざ岩内までオートバイで訪ねていただき教えてもらった場所です。

隣りにモーターボート陸揚の余市マリーナが有ります。(ポンツーン無し)

低い柵が有りますが係船リングがあり、ここに着けました。正面にも停めれるが、係船リングが無く、軽合金柵になることと、その防波堤は釣りに解放している場所ですが、五時になると門の鍵が閉められる可能性が有ります。 よく見ると柵は切り取られ体が抜けれます。
(18時現在は閉められていません)
水深は3.2mでした。
ここを出た正面の公園にはトイレも有ります




夕方には自転車で5分の【余市川温泉宇宙の湯】に行きました。
宇宙飛行士の毛利衛さんが生まれた温泉と聞きました。
420円で天然温泉、サウナ、外の見えない檜の露天風呂が有りました。屋根にはスペースシャトルの看板が有ります。
風呂を出て番台の老婦人に、【宇宙の湯】の言われを尋ねたところ、「ハイ毛利の実家です」!
老婦人は親戚の方でした。



二階にはコインランドリーと食堂が有ります。
夜10時まで営業。
100m先にはスーパー【シガ】があり便利です

明日は小樽港に向かおうと思います。

6月24日AM追記
小樽までは三時間半位なので、午前中はニッカウイスキー余市工場の見学に行こうと思います。
今日出航するかは、まだ決めかねます。

関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

余市には温泉がありますか
メモしましたよ。ところで
後から北上してます
雪風6さんが、コントレールさんと
ラメールさんのを参考にされております。

で、少しお願いがありました。
可能ならでよいのですが着岸の水深を
記載いただけないか?とあります。
45フィートで2m50程度あるそうで
お二人が停泊している場所に入れるのかな?
そんなお話があったのです。
可能ならで結構ですよ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。