スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知床半島先端部に着きました

7月18金)
網走を5時10分に出航し、12時40分に知床半島先端の文吉湾に着きました。

出航し、しばらくすると霧になり前半は視界不良になりました。
着いてから分かりましたが、知床半島は環境保護のため、上陸禁止と書いてありました。。

したがって、素晴らしい景色ですが、もやいを取った後はおとなしく船にいることにします。
湾内の透明度が凄いです、一面底まで見えます!
鹿の角が見えます、熊に食べられた鹿の死骸でしょうか?

そのため写真は掲載できません。

7/19追記
網走港を出航です。

網走道の駅ともお別れです。
ここは24時間トイレが使えますが夏でも便座の暖房がついているのには参りました。

網走外洋帆走協会ヨットクラブです。

網走から知床岬をダイレクトに最短コースをとると沖合い10nm以上離れます。
今日も穏やかな海面で、いい走りです。
しかしこんな沖合いでも網が有ります。
また定置網かと思ったらウトウ(海鳥)が横一列に並んでいました。

やっと陸地が見えました。背の高い山です。
調べると、知床半島には、海別岳1119m、遠音別岳1331m、羅臼岳1660m、知床岳1254mが、いきなり海岸からそびえ立っています。
近くに寄って写真を撮ろうと思いましたが、よく見ると山の間からの吹き下ろしの風がありそうな地形です。そういえば昨晩、網走のヨットマンからルサ下ろしという強烈な風の話を聞いた事を思い出しました。 
港湾案内図で調べると、ルサだし風は強烈な破壊力を持った風が突然吹き出す。その数時間前には海面が油を流したような、凪ぎになると書いてあります、まさに今は海面はベタ凪ぎです。



知床岬が見えてきました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

お疲れさまでした。セーラーたるものモラル遵守。いいですね~!

自然界しかありません。
熊さんに注意ですよ♪

ボー、て鳴らす用意ですね(^-^) 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。