羅臼港→根室港

7月21日(月)海の日
4時50分に羅臼港を出航し13時35分に根室港に着きました。
52nm、8時間45分の航海でした。
3時半に起床し、外を見ると霧がかかっている。
4時頃、海面を見ると風波はほとんど無く、近くは霧が晴れ、沖合いまで見えるようになって来たので出航準備。
3時50分が日の入で、雲の間から太陽の明かりが見えるようになり出航を決める!
写っているのはELLAさんです。

羅臼港を振り返ると、はっきり見えます。

進行方向の先は雲谷っています。

羅臼岳にはまだ残雪が見えます。

2時間走ると霧の中に入って行きます。

6時、船内は気温17.1℃、湿度100%以上測定不能



野付水道沖合は国境ライン、陸地側は定置網。
野付水道の浅瀬を避けヂグザグに走行して行きます。
色の一番濃い所は水深4mと記載されています。
左の四角いグラフは満潮になってます。
まるでシュミレーションゲームみたいですが失敗は出来ません

左の四角のグラフは満潮で、右下の水深は10.9mを示しています。

漁探GPSブロッターの赤い線が二本見えると思いますが、上は国境ライン、下は航跡ラインです。国境まで1kmを切っています。

電子海図ニューペックの赤く太い点線は私が入れた航行計画ラインです。(ニューペックには国境ラインが入っていません、省庁が北方領土のラインを認めていないからですかね?)

入港15分前になって、やっと根室港の灯台が見えました。

漁協前の突堤に停泊させてもらいました。
昨日は港祭りで、今日は祝日で漁協は休みです。



ここの水深は16:50現在2.7mです
干潮…14:27…78cm
満潮…21:22…128cm


関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

え国境が、そんなに、わずか
しか無いのですね!

緊張しますね。

No title

東京湾の航路越えで保安庁に注意受け停船命じられ船舶免許と船舶検査証を入れる為の網が出てくるのと違い、誤って国境線越えてしまったら某国に拿捕されてしまいますから、くれぐれもGPS1台のみ信用するのではなく、ハンディーも同時に見て無事にクルージング続けてください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する