スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西海パールシーマリーナ滞在(2日目)

2014年10月11日(土)

昨晩も此処は静かでした。
(平戸では台風が近づく気配を感じたのですが)
朝方から少しずつ船の手入れと帰りの準備をし始めました。
デッキ洗い、コクピットにチークオイル塗り、バッテリー充電、自転車の錆落としなど。
(まだ10日間位は此処にいる予定ですが)
家に送る物のまとめや、オートパイロットの修理荷作りや、電気系統の腐食防止処理、電気製品の乾電池抜き取り、エンジンの手入れ、水タンクの清掃などやることは沢山あります。

【九十九島真珠モニュメント】


掃除を行っていると、一人の老人が現れ、お名前を聞くと今回のクルージングで出会った多くの方から話を聞いていた長期航海者の長老オリーブのKさんでした。
クルージングの途中でここに立ち寄り、これから愛知県まで帰る途中とのこと、これから東に向かうのは大変です。
88才でシングルハンドとは恐れ入りました、老人とは大変失礼なことを言いました!凄い!
ヤマハ30C(一番手前)

隣の釣り船の方から、鯛をくれるというが大きいのでイサキの小さい物を頂き塩焼きに!身が締まって旨かった。

観光船パールクイーンのイルミネーションです。海賊船海王は後80日で周航停止とのこと。

平戸→西海パールシーマリーナ

2014年10月10日(金)
10時20分に平戸市の平戸港を出航し、13時45分に長崎県佐世保市西海パールシーマリーナに無事に着きました。

20nm、3時間25分の航海でした。

今日の長崎県北部の予報は北から北東の風、9~11m、(明日は12~15m)、波は2.5→3.0m、今日が台風前最後の移動チャンス!!
明日からは台風の影響が出る。平戸瀬戸の潮流、南転流時刻は11:31で最強時は5.1kn,

朝起きると平戸の海面は穏やかだ!
早く出航したく、オランダ商館前まで行き、潮流を見ると北に向かって川のように流れています。(私は南下)



転流時刻まで1時間早いが出航!
逆潮1.5kn位でした。
真追っての風だが、機走のみで6knオーバーでありメインセイルは揚げず、いざとなればジブセイルを出そう!

平戸大橋をくぐります。






途中から風は10mの追い風になってきた

目的地は前に見える島の向こう側の方向だが入口は分からない!ここまで来ると海面は穏やかになりました。

まだ手前の島の向こう側だ!

いきなり海賊船が現れた!

やっと西海パールシーハーバーだ!

ここは九十九島の観光地です。

ここは波が立たず静かで、台風をやり過ごすのは最適と思えます。

本当に複雑な地形です。

上が平戸、下が西海パールシーリゾート



台風避難について、ひまわりさん、海光丸さん、TSUBASAさん、コントレールさん、TSUYOTAKAさんからアドバイスを頂きました。本当ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

台風16、18、19号と続いたため予定が変わって来ました。壱岐、対馬、五島列島にも行きたかったのですが、先に佐世保に来てしまいました。

ここで4月まで半年契約し船を預け、台風後の様子で五島まで行くか考えます。

長崎平戸観光

2014年10月9日(木)
昨日の午後と今日の午前中、歩きで平戸の史跡を探索しました。
【平戸ザビエル記念教会】





【寺院と教会の見える風景】



【松浦史料博物館】平戸藩主松浦氏宅、正面とザビエル像







日本一の長身力士【生月鯨太左エ門】
身長227cm、体重180cm、足34cm

【樹齢400年の大そてつ】

【六角井戸】唐人井戸

【オランダ井戸】

【オランダ塀】



【オランダ商館倉庫】1639年築の日本最古の洋風建築。(復元)後に江戸幕府が破壊



【オランダ埠頭】出島以前の海外交易地

【常燈の鼻】

【商館通り】

【三浦按針の館】



【三浦安針の墓】

【フランシスコ.ザビエルの墓】

【ポルトガル船入港の地碑】

【イギリス商館跡地】

【幸橋】

【平戸城】(日の岳城)松浦家



明治天皇の産着(右下)展示、天皇の祖母中野良子は松浦家系

【天守閣より】パノラマ写真

正面の桟橋にラメール

【交流広場モニュメント】

風呂は【海上ホテル】610円

天皇・皇后陛下も宿泊した(平成14年)
【松旗亭】600円

平戸温泉【松旗亭】の外湯露天風呂から港、ラメールが見える。


写真は順不同、自分でも良くもこれだけ歩き回ったかと思います。

明日はできれば台風に備え、より安全な佐世保の西海パールシーに移動しようと思います。但し潮流の転流時刻と強風予測のため午後3時頃の到着見込みです。

伊万里福島港→平戸

2014年10月8日(水)
7時50分に長崎県松浦市福島港を出港し11時00分に長崎県平戸市の渡船発着所桟橋に着きました。

18nm、3時間10分の航海でした。

平戸瀬戸も潮流が強く、N6.4、S5.5knと記載されている。転流時刻は9時51分。

福島港は本当に静かだった、京都府の伊根みたいに静かで揺れない!!
行く先方面の(平戸)風、波を調べると途中も風は9~10mで、波も1mで台風の事もあり、此処を離れるのはもったいないとも思った!!平戸の様子が分からないが、出航を決めた!



風0.5m、海面は油を流したようだ。
名村造船所です。

もっと奥に伊万里大橋と町が見える。


島陰を抜けると外海からの北からの波が強い、風も6~10mになったが、後1時間位の我慢だ!

平戸瀬戸入口の広瀬灯台です、本当に狭い幅400m位か?大型船がいなくて良かった。

平戸港の入口が見えてきた。

入口にオランダ商館が見えます。

こんな立派な桟橋に無料で停めさせてもらえます。(届けは必要)
届け書の記載サンプルに先に停めていたヨットを見ると、何んと青森の深浦と秋田で出会った函館のマイウェイさんが昨日までここにいて、今朝出航していました。
もうこの辺でロングクルーズのヨットはいないと思ったのにすれ違いでした。
早速tellした。

右側が伊万里福島港、左側が長崎平戸です。




此処は観光する所が沢山有りそうで最低2泊し、気象の状況を見て行く先を決めようと思います。佐世保、ハウステンボス、五島宇久島か?

福岡→福島港(伊万里)

2014年10月7日(火)
6時45分に福岡市ヨットハーバーを出港し15時00分に長崎県松浦市福島港に着きました。

47nm、8時間45分の航海でした。

朝5時の予報では博多湾の沖、玄界島、壱岐島は風も8~10m、波4→3mであったが、ハーバー内は穏やかです。
まだ今週は風が強い、また週末から台風19号の影響が有るかも知れない。

このまま福岡で缶詰めは御免だ!!
下手をするとまた1週間位、缶詰の可能性もある!もうそろそろクルージングも終わりにし家に帰りたい!
とりあえず出港、ダメなら戻る!
能古島まではまあまあ、玄界島近く博多湾を出ると東北からの風、北からの波が高くなった、しかし長い周期の波で西に向かう事は出来る!!
この波では福岡に戻るのは厳しい。
俺はジンギスカンじゃないぞ!!

能古島手前、左沖が玄界島

玄界島付近



波も風も真後ろになり、この波では壱岐島は止めて、西の伊万里に向かう事にした。壱岐島、対馬はまた来年でも行くチャンスもあるだろう!
伊万里なら平戸、長崎も近い。
木の葉が風波に流されるようにエンジンはスローにしティラー(舵)を握る。
やはり日本周航というのは並大抵ではない事を痛感しました。



伊万里湾は奥が深く、風、波の影響が少ないと港湾案内に書いてあるが、福島大橋をくぐれば穏やかになるのか?



くぐった橋を振り返る

何しろ伊万里湾は奥が深い、橋をくぐってから福島港まで2時間近くもかかった、まだ湾内でも風は10m吹いている。
しかも入口付近は岩礁が多いので慎重にスローで進入。

港内は嘘のように穏やかだ!
漁協に電話し停泊の了解を得た。
今日は大潮で干満の差は2.4mもある、干潮時測ると水深は2.2mだった。



近くに色々ある、左側はコープ、隣はコインランドリー、右端はコンビニ。

ここは佐賀県かと思ったら長崎県でした、西隣の伊万里市が佐賀県で東の松浦市が長崎県とは不思議です。
橋でつながっているがここは島なんだ!

平戸までは19nm約4時間なので台風前に着けたい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。